こんな方法で学べる?通信教育で始める幼児教育

通信で受けられる幼児教育にはどんな種類がある?

今更聞けない幼児教育の謎

スクールに通うメリット

幼児教育といえばスクールがメインですが、カリキュラムをこなす以外にもメリットがあります。まず同じ年代のお子さんが集まるので、知らない人(子供)と接する機会が増えます。それによって人見知りしなくなる、またはどうすれば仲良くなれるのかを試行錯誤していきます。視野を広げていくので、より才能を開花しやすい状態になります。
そして忘れてはいけないのがスクールでは専門知識を持った講師が対応してくれるので、親御さんとは違ったアプローチを受けてお子さんに刺激を与えられます。その刺激が発育に影響するので、親御さんが知らぬ間にどんどん成長していくのもスクールに通うメリットです。
レッスン中は一息つけるのも、親御さんとしては嬉しいポイントです。

スクールに通うデメリット

当然スクールは決まった時間、曜日にいかなければなりませんので、急なスケジュールが入った時は休まなければなりません。こちらの都合で休んだ場合にも費用が発生するので、急用の多い家庭にはデメリットになります。
また週1のレッスンとしても平均1~2万円程度の月謝が発生し、且つスクールまで移動する交通費も発生します。幼児教育は1、2度で効果が出る物では無く数年単位で通わなければなりません。
ランニングコストとして考えるとかなりの物ですし、講師との相性問題もあります。情操教育や才能関連では無く学力関連のスクールだと置いてけぼりになってしまう可能性もありますし、うまくなじめずに自己肯定が低くなってしまう事もあるので、注意して下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る